【海外EFO】エントリーフォーム最適化で役立つ、たった3つのシンプルな着眼点

今日は、EFOに関する興味深い海外の記事をご紹介します。

オンラインマーケティングのエキスパートであるBryan Eisenberg氏が、自身のブログで
フォーム最適化の出発点となるのは、以下の3つの問題(着眼点)についてフォームを診断することだと書いています。
多くのフォームが陥りがちな問題点、さっそく見て行きましょう。

  1. 不安を軽減できていない
  2. 信頼・信用を構築できていない
  3. メリットをアピールできていない

それでは、順番に見て行きます。

不安を軽減できていない

あなたのフォームを見て、ユーザーが不安を感じることはないか?という着眼点です。
不安を感じた瞬間、フォームからユーザーは逃げていきます。

この着眼点では、たとえば具体的には以下のような問題が挙げられます。

  • 必要以上に情報を求めていないか?
  • ユーザーが違和感を感じるような機密情報を求めていないか?
  • フォームが威圧的ではないか?
  • 完了まで時間がかかりすぎるように見えないか?
  • 完了するまでのステップは明確か?
  • ユーザーが感じるであろう疑問点を解消しているか?
  • ユーザーを惑わすクーポンコードなどの項目が入っていないかどうか
  • エラー表示は丁寧か?

信頼・信用を構築できていない

次は、ユーザーにフォームの安全性を信頼してもらえるかどうか、という点です。
信頼できないフォームを送信するユーザーはいません。
具体的には、以下のような点に注意したいですね。

  • 運営団体やビジネスそのものが信用できるか?
  • ブラウザ環境は安全であることが明確か?
  • 携帯電話でも安全性が明確に示されているか?
  • アクションボタンのそばで、信頼性をアピールできているか
  • 送信した情報がどのように使用されるかを明示できているか

メリットをアピールできていない

フォームを送信するメリットを明示できていないフォームはよくありますが、
ユーザーにはフォームを送信することで得られる利益・メリットをしっかりとアピールしておきたいものです。
また、ユーザーが新たなメリットを発見しやすくすることも重要です。

  • Eコマースの場合、購入のステップでカートの内容(得られる商品)を常に表示しているか
  • 特定の広告に反応があったユーザーに対して、メッセージを強化できているか
  • フォームのほかに電話やその他手順を用意できているか
  • 似ている検索結果を表示しているか?
  • フォーム送信がいかに簡単かを示しているか
  • 閲覧履歴を表示できているか
  • フォームがオートコンプリート機能を有しているか?

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、フォームの問題点を特定するのに役立つ3つの大きな問題点をご紹介しました。

EFOを始める時は、まずはフォームの問題点を明らかにすることが重要です。今回ご紹介した切り口を、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事

Online Form Optimization: 3 Simple Form Problems to Fix by @TheGrok

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です