入力フォームは「1000×550px」で作る! 1画面に収めて直帰率を減らす/15か条の3【連載】

WEB担当者Forumでの連載「勝手にEFO分析-エントリーフォーム改善」で新しい記事を公開しました。

勝手にEFO分析-エントリーフォーム改善

毎回「惜しい」フォームを勝手に取り上げ、勝手に改善しながら、EFO(入力フォーム改善)のための鉄則15カ条を毎回1つずつ紹介していくこのコーナー。

今回のエントリは第2条:何のためのフォームかを伝えるべし として導入の記事でお伝えしていた内容です。

具体的なコンテンツは以下のとおりとなっています。

  • フォームを開いたときに内容を一望できるかどうかで、モチベーションが大きく変わる
    本日取り上げるフォームと改善案をご紹介
  • 【第3条】ファーストビューに収めるべし
    改善のポイント:フォームの縦サイズを少しでも減らし、「ファーストビュー」に収めること
  • 改善案:ファーストビューを意識したレイアウトにしよう
    入力項目をコンパクトに配置することで、入力項目から送信ボタンまでをファーストビューに収め、ユーザーにスムーズに入力してもらう
  • 入力項目の絶対量が多い場合は、2画面程度を目安にページの縦の長さが収まるように努力しよう
    できるだけ入力ページの高さを節約する5つのポイントを紹介

ぜひ、ご覧ください。記事はこちらからどうぞ。

入力フォームは「1000×550px」で作る! 1画面に収めて直帰率を減らす/15か条の3 | Web担当者Forum

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です