エフトラEFO

操作マニュアル

項目カウント単位の設定

エフトラEFOの設定で用いる「項目カウント単位」について説明しています

1項目カウント単位の設定とは

エフトラEFOの「ガイドナビゲーション」「離脱ブロック」では、フォームの必須入力項目の総数入力済み/残りの数をリアルタイムに集計し、表示することが可能です。

ガイドナビケーションの項目カウントのイメージ

▲ガイドナビゲーションでの項目カウントの例。必須項目の残り数を表示している

この項目カウントの機能を使う場合に、複数に入力欄が分かれている項目同士を纏めてひとつの項目としてカウントできるようにするのが、項目カウント単位の設定の目的です。

例えば、「郵便番号」は情報の意味合いとしてはひとつですが、上3桁と下4桁でフォールドが分かれている場合、初期状態では「2つ分」として集計されてしまいます。

そこで、項目カウント単位の設定を実施し、これらをひとつにまとめることにより、「1つ分」として集計に加えることができます。

この設定により、必要以上に項目数が多く見え、フォーム入力に煩雑なイメージを持たれるリスクを軽減することができます。

2項目カウント単位設定へのアクセス

項目カウント単位の設定は、ガイドナビゲーション設定もしくは 離脱ブロック設定の設定画面よりアクセス可能です。

それぞれ設定画面より「項目数カウントの編集」欄の「項目のカウント単位を編集」ボタンから、設定画面に進んでください。各画面からのリンクは下記のとおりです。

ガイドナビケーションからの項目カウント単位設定

▲ガイドナビケーション設定画面からの項目カウント単位設定へのリンク

離脱ブロックからの項目カウント単位設定

▲離脱ブロック設定画面からの項目カウント単位設定へのリンク

いずれも、下記の画面(モーダルウィンドウ)が表示されます。

項目カウント単位の設定画面

なお、ガイドナビげーションまたは離脱ブロックのいずれかで設定をすれば、再度設定する必要はありません。

3項目カウント単位の設定

統合したい項目のラベルを選択し、統合したい項目に向けてドラッグ&ドロップすると統合できます。

項目同士の統合

▲「郵便番号」と「住所」を統合している例

項目の総数が変化し、同枠にラベルが複数表示されていれば成功です。

ドラッグ&ドロップ後の画面は、下記のようになります。

項目カウント単位の設定変更後

※この要領で、3つ以上の項目カウントの統合も可能です。

※統合した項目を元に戻したい場合は、同様にラベルを元いた場所に向かってドラッグ&ドロップしてください。

4項目カウント単位の保存

設定を終えたら、「この内容で登録」ボタンを押下してください。

「この内容で登録」ボタン

元いた設定画面に戻ります。

「項目数カウントの編集」欄の項目の総数

設定画面内の「項目数カウントの編集」欄の項目の総数が、設定した内容と相違なければ、項目数カウント単位の設定は完了です。

お問合せ

お困りのことや不明点など、サポート事務局までお気軽にご相談ください。
お電話、チャット、メールの3つの方法でお問い合わせいただけます。

  • お電話

    平日10:00~18:00

    03-6272-8993

    ※担当者不在の場合、折り返しのご連絡となります
  • メール

    24時間受付中

    お問合せフォーム ※営業時間外のお問合せは翌営業日の確認となります