エフトラEFO

操作マニュアル

入力モード自動変換の設定

エフトラEFO初期設定の入力支援機能「入力モード自動変換」の設定方法です

1入力モード自動変換について

入力モード自動変換機能とは、入力項目にフォーカスした際に、文字入力モード(日本語/英数字)を自動的に切り替える機能です。

詳しくは入力モード自動変換をご覧ください。

2入力モード自動変換設定ページへのアクセス

入力支援機能の選択に続いて表示されます。

またはダッシュボード内の、「入力支援機能」欄の「入力モード自動変換」ボタンからもアクセスすることが可能です。

ダッシュボードの「入力支援機能」欄の「入力モード自動変換」ボタン

▲ダッシュボードの「入力支援機能」欄の「入力モード自動変換」ボタン

入力支援機能の選択時に機能を選択していないと、設定画面へのリンクも表示されませんのでご注意下さい。

下記の画面が表示されます。

入力モード自動変換の設定画面

3入力モード自動変換の設定

各種設定項目にご記入ください。

入力モード自動変換の設定 各メニュー

各項目について

1項目名

フォームの入力項目一覧が並んでいます。

2入力形式

入力項目それぞれに対して、設定されている入力形式(エラー判定条件)について表示しています。

3変換形式

入力モードの自動変換を実施するかどうかをお選びください。

  • 設置しない: 入力モード変換を使用しない場合は選択下さい。(デフォルトで選択されています)
  • 日本語入力: かな入力モードに切り替えます
  • 英数字入力: 英数字入力ードに切り替えます
  • 英数字入力(モード変更不可): 英数字入力モードに切り替え、かつユーザーによるモード変更を受け付けない形です

4入力モード自動変換設定の保存

設定が完了したら、「保存して次の機能へ」を押下し保存、次の機能の設定に移ります。

「保存して次へ」ボタン

他機能の詳しい設定方法については、下記よりご覧ください。

ガイドナビゲーション設定に進む
サブミットブロック設定に進む
離脱ブロック設定に進む
住所自動入力に進む
ふりがな自動入力に進む
初期項目フォーカスに進む
半角・全角自動変換に進む
リアルタイムアラートに進む
入力形式事前指示に進む
入力成功サインに進む
エラー時背景色設定に進む
入力時背景色設定に進む
初期表示文言設定に進む
メアドサジェストに進む
送信ボタンデザインに進む
スマホキーボード変換に進む
Facebook自動入力に進む
Yahoo!自動入力に進む

すべての入力支援機能の設定を終えたら

フォームに2ページ目以降の入力画面が存在する場合は、下記を参照のうえ2ページ目以降の設定に進んで下さい。

2ページ目以降の設定

2ページ目の入力画面が存在しない、またはすべての入力ページの入力支援機能の設定を終えた場合は、本番反映/タグ貼り付けのステップにお進みください。

本番反映/タグ貼り付け

お問合せ

お困りのことや不明点など、サポート事務局までお気軽にご相談ください。
お電話、チャット、メールの3つの方法でお問い合わせいただけます。

  • お電話

    平日10:00~18:00

    03-6272-8993

    ※担当者不在の場合、折り返しのご連絡となります
  • メール

    24時間受付中

    お問合せフォーム ※営業時間外のお問合せは翌営業日の確認となります