エフトラEFO

操作マニュアル

本番反映/タグ貼り付け

エフトラEFO初期設定の、本番反映/タグ貼り付け画面について説明しています。

すべての入力ページで初期設定を終えたら、タグを発行し、本番に反映するフローへ移っていきます。

1テスト環境への反映

エフトラEFOでは、導入中のフォームにテスト環境(開発環境)のご用意がある場合は、本番反映に入る前に、テスト環境に専用のタグを設置して動作をご検証頂くことを推奨しております。

このステップはスキップ可能ですが、本番環境でEFOを安全に動作させるために、この検証を推奨しております。

なお開発環境用のタグは、ダッシュボード上のステイタスにかかわらず、入力補助機能は「ON」、かつ、ログ取得機能は「停止」となります。

タグの表示と貼り付け

ダッシュボードの右カラムメニュー「フォーム基本情報」の「タグの確認」ボタンをクリックしてください。

ダッシュボードの「フォーム基本情報」の「タグの確認」ボタン

下記のようなページに遷移します。

テスト環境用と本番環境用の2種類のタグのご用意がございますが、ここでは「テスト環境用タグを表示」を選択してください。

「タグの確認」ページ

下記のようにタグが表示されます。

テスト環境用タグを表示

これらをコピーし、フォームの各ページの直前にタグを貼りつければ、テスト環境に設定内容が反映され始めます。

1テスト環境での動作確認

テスト環境でEFO機能の動作をご確認ください。

設定確認シートのダウンロード

弊社にて設定代行を承る場合は、動作確認の際、「設定確認シート」のダウンロードをお願いしております。

「設定確認シート」には、現在の設定内容で使用している入力支援機能の一覧と確認事項、各入力項目の設定内容を記載しております。

設定確認シート

▲設定確認シートの表示例

このシートはダッシュボードの「設定確認シートのダウンロード」メニューよりダウンロードいただけます。

ダッシュボードの「設定確認シートのダウンロード」メニュー

▲ダッシュボードの「設定確認シートのダウンロード」メニュー

2設定の本番更新

テスト環境で動作が確認できたら、いよいよ本番反映に向けてのステップが開始します。

本番更新について

エフトラEFOの本番用のタグには、お客様ご自身に「本番更新」の作業を実施いただかないと、設定内容が反映されないようになっています。

これは、エフトラEFOの設定画面が、プレビューをご確認いただきながら直感的に作業していただけるよう、こまめに設定内容を保存するためにそのような仕様となっています。(下図参照)

テスト環境と本番環境の反映タイミングの図

本番更新の方法

ということで、本番反映に向けまずはこれまでの設定内容を本番用タグに反映する「本番公開」を実施します。

ダッシュボードの右カラムメニュー「本番更新」から、「本番公開」をクリックしてください。

本番更新前のイメージ

本番更新の確認ウィンドウが表示されますので、更新内容を確認のうえ「本番更新を実施」ボタンを押下してください。

本番更新の確認ウィンドウ

「設定を更新しました」のメッセージ表示後、「未公開」文字とピンク色の背景色が消え、ボタンがクリックできなくなっていれば本番更新は成功です。

「設定を更新しました」のメッセージ

▲「設定を更新しました」のメッセージ

本番公開後のイメージ

▲本番公開後。最終更新日時が表示され、本番更新ボタンが押せなくなっている

なお、入力ページが複数ある場合は、ページの数だけ「本番公開」を実施してください。

これで、タグに設定内容が反映され、EFO機能が稼働する準備が整いました。

「本番更新」の前でもタグの確認は可能ですが、貼り付けてもEFOは動作しませんのでご注意下さい。

3本番用タグの貼り付け

準備ができた本番用タグを実際のフォームに埋め込んでいただきます。

なお、サポート状況によっては、先にタグの設置のみ実施している場合がありますが、その場合にこのフローは飛ばして下さい。一度タグを埋め込んでいただいたら、再度埋め込み直す必要はございません。

ダッシュボードの右カラムメニュー「フォーム基本情報」の「タグの確認」ボタンをクリックしてください。

ダッシュボードの「フォーム基本情報」の「タグの確認」ボタン

下記のようなページに遷移します。

「タグの確認」ページ

「本番環境用タグを表示」を選択してください。 下記のように埋め込み用タグがモーダルウィンドウで表示されます。

埋め込み用タグの表示画面

これらをコピーし、フォームの各ページの直前に貼り貼り付けて下さい。

フォームにタグを貼り付けた時点で、エフトラEFOではログの取得が開始されます。

ログデータが取得されはじめると、ダッシュボードのステイタスが「稼働中」に変わります。(※通常、取得開始時の翌日より反映されます)

「稼働中」ステイタス

万が一、タグを貼り付けた瞬間からログを取得したくない場合は、ダッシュボードの「ステイタス」の「ログ取得」をあらかじめ「停止」にし、「ステイタス更新」したうえで、タグを貼り付けて下さい。

ダッシュボードの「ステイタス」の「ログ取得」

4ステイタスの更新

ログが取得されはじめてEFOツールは稼働していますが、入力支援機能はまだ動作していない状態です。

入力支援機能も稼働させるには「ステイタス」を更新していただく必要があります。

ダッシュボードの「ステイタス」の「入力支援機能」を「ON」にし、「ステイタス更新」をクリックしてください。

ダッシュボードの「ステイタス」の「入力支援機能」

5本番での動作確認

実際にEFO機能が動いているか、本番環境で必ずお確かめください。

問題なく入力支援機能が動作していれば、初期設定は完了となります。

お問合せ

お困りのことや不明点など、サポート事務局までお気軽にご相談ください。
お電話、チャット、メールの3つの方法でお問い合わせいただけます。

  • お電話

    平日10:00~18:00

    03-6272-8993

    ※担当者不在の場合、折り返しのご連絡となります
  • メール

    24時間受付中

    お問合せフォーム ※営業時間外のお問合せは翌営業日の確認となります