勝手にEFO比較分析【駿台x 河合塾】(大手予備校資料請求フォーム)

やってきました「勝手にEFO比較分析」。

今年も大学入試が終盤を迎え、春からの新生活に心躍らせている方も多いと思います。
これから大学入学を目指すみなさんに欠かせないのが、予備校ですね。
大手予備校から個人のものまで、全国各地に様々な形態のものがあり、これから検討される方もいらっしゃるのでは?
そこで、今回は、大手予備校の資料請求フォームに注目してみました。

題材は、全国各地に校舎を持つ大手予備校である駿台予備学校様(http://www2.sundai.ac.jp/yobi/)(以下、本記事では駿台)と、
日本の大手予備校である河合塾様(http://www.kawai-juku.ac.jp/)(以下、本記事では河合塾)をセレクトさせていただきました。

※以下、サイト名の敬称は省略させていただきます。

いつもどおり「勝手に分析」していきましょう。
今回も改善ポイントを「勝手に」EFO指摘していきますので、どうぞお付き合い下さい。
○△×と、ユーザー視点での評価を行っていきます。

※本記事の内容は2014年3月3日時点の駿台予備学校様、河合塾様、
両社のサイトのフォームを分析した内容を記載しています。
なお今回ご紹介したどのフォームにも当社エフトラ EFOの入力補助機能は導入されていません。
(2014年3月3日時点)

今回は、両社の資料請求フォームでのEFO比較です。

駿台 河合塾
ページ数 地区選択、資料内容選択、個人情報取扱、登録、確認、完了の6つ 資料選択、登録、確認、完了の4つ
入力項目の種類 20種類 15種類
必須項目入力欄の数 34個 13個
フロー あり ページ上下にあり
必須マーク 赤で「※」マーク 赤で「必須」マーク
利用規約、
プライバシーポリシー
専用ページあり ページトップにあり
送信ボタンのサイズ 幅176px x 高さ33px 幅422px x 高さ56px
入力画面のレイアウト 専用ページ 専用ページ
入力ページへの遷移 トップページの資料請求から トップページの資料請求から

必須項目数に大きな差が!

予備校の資料請求フォームということで、項目内容としては両社ともほぼ同じでしたが、必須項目数に大きな違いがありました。
駿台は、電話番号や郵便番号などが細かく分かれていて、それにより必須入力項目数が増えています。
全体的に削れない項目が多いので、枠を統合して入力数を減らすことも、完了につなげる一つの策になると思います。

駿台
枠をまとめることで、全体的にすっきりとしたレイアウトになると思います。
駿台必須項目数
河合塾
氏名の欄もまとめると、もっとすっきりするでしょう
20140226_KJ_page

一目でわかる必須項目!

駿台は、必須マークと入力制限のお知らせが同じ色で、必須と任意の差がわかりにくかったです。
これは、入力エラーにつながり、途中離脱の原因になってしまいます。

河合塾は、必須マークと枠の色付けのダブル表示で、一目で必須を認識できました。
また、入力中に、正しい入力方法に導いてくれるので、入力ミスが減らせます。

ng_red駿台
(全角)などの表示は、入力枠の右側にするなど、必須マークと離すと良いと思います。
駿台アラート表示
河合塾
一目で必須項目がわかるので、ユーザーにとってはありがたいですね。
河合塾 アラート

条件付き必須項目に特徴が!

駿台は、資料請求者が保護者の場合にのみ、保護者の氏名等入力枠が出現する仕様になっていました。
受験生本人が請求する場合には、選択できないので、入力漏れを防ぎ、また、余計な項目に入力するイライラを減らせると思います。

駿台
あるはずの枠がないと、逆に入力したくなりました。(笑)
駿台フォーム 枠なし
駿台フォーム 枠あり

そもそもエラーを作りません!

河合塾は、必須項目に正確に入力しなければ、確認画面に進めない仕様でした。
また各項目の推奨形態以外での入力は、入力完了とはみなされず、その場で修正が必要です。
なので、確認画面に進んでからのエラー表示が存在しませんでした
入力都度、アラート表記もあり、全体的に、入力ミスを減らす策が施されていました。

河合塾
この方法だと一つ一つの入力が正確になると思います。
河合塾フォームボタン
河合塾フォームボタン

認識しやすく、わかりやすく!

駿台は、確認ボタンを押した後に、まとめてエラー内容が表示されていました。
エラー数が多いときなど、どこの何が間違っていたかの認識が難しく、何度も修正が必要になってしまうかもしれません。

また、「申し込み」のボタンが「戻る」ボタンより小さく、間違えて押してしまうユーザーもいることでしょう。
認識しやすくわかりやすいフォーム作りが、完了率をあげる近道です。
ユーザーにとって親切な方法を考えることも、必要ですね!

駿台
こんなにエラーが出ることは基本的にはないと思いますが、数個でも記憶するのはユーザーにとっては負担ですね。
駿台フォームエラー
駿台フォーム ボタン

離脱防止機能の比較はこちら

機能名 駿台 河合塾
ガイド

未入力の残り必須項目数などをリアルタイムで表示する機能

なし なし
離脱ブロック

ページを閉じようとするとアラートを出してOKしないと閉じることができない機能

なし なし
サブミットブロック

送信のための入力条件を満たさないと送信ボタンを表示しないor押せなくする機能

なし あり
項目ごとのアラート表示

入力についての説明をリアルタイム表示する機能

フォーカス時:なし
エラー時:あり
フォーカス時:あり
エラー時:あり
項目ごとに入力完了後の動作 なし 必須項目は登録後枠の色が消える

最後に、勝手にフォーム改善アドバイス!

今回の比較分析は、以上となります。
前回と同じく分析に加え、こうすれば良くなるのではないかという改善案を、考えてみました。

駿台

  1. 必須項目の視認性を上げることで、ユーザーにとって入力しやすいフォームになると思います。
    具体的には、独立した必須マーク、入力枠の色付けなどがあります。
  2. 全体的に情報量の多いフォームなので、もう少し空間をあけたレイアウトにすることで、より見やすくなると思います。

河合塾

全体のレイアウトがゆとりがあるので、入力枠をより大きくとることも可能だと思います。入力枠のサイズや文字のサイズでも、ユーザーの入力のハードルが下がると思います。

共通

全体的に項目数が多めなので、残り必須項目数を表示するなど、ユーザーサポートがあっても良いと思います。

まとめ

大学進学を目指す学生に取っては、資料請求から真剣です。
少しでも入力しやすいフォームは、学生の背中を押すかもしれません!
ユーザーにやさしいフォーム作りは、学生の獲得につながり、合格者が増えれば、また新規学生が増える!
入力フォームの最適化は、見えない利益を生むかもしれません

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です