勝手にEFO比較分析【ディズニー x USJ】(テーマパーク会員登録フォーム編)

12月に入りしばらく経ち、あと2週間ほどでやってくるクリスマスや年末年始のイベントに心躍らせている人もいるかもしれませんね。
クリスマスや年末年、家族や友達、恋人と一緒に、かけがえのない時間を過ごそうと考えた時、テーマパークを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。
多くのテーマパークがクリスマスに合わせた飾り付けやスペシャルイベント等を開催しているので、さぞかし気分を盛り上げてくれることでしょう。

本日はそんなテーマパークに関する各種特典やコンテンツを利用できるファンクラブサービスの会員登録フォームを比較分析です。
取り上げるのは、テーマパークといえばここ、みんな大好き「東京ディズニーリゾート」(http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html、以下ディズニー)。そして大阪を代表する「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(http://www.usj.co.jp/、以下USJ)の2社です。

それでは「勝手にEFO分析」していきます。
今回も「勝手に」改善ポイントを指摘していきますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。◎○△×と、ユーザー視点での評価を行っていきます。

※本記事の内容は2015年12月9日時点の、両サイトのフォームを分析した内容を記載しています。なお今回ご紹介したどのフォームにも当社エフトラEFOの入力補助機能は導入されていません(2015年12月9日時点)。

基本的項目の確認

それでは今回も基本項目の確認から行っていきましょう。

ディズニー USJ
画面数 入力、確認、完了の3ページ メールアドレス送信、仮登録完了、規約の確認、会員情報入力、入力内容確認、登録完了の6ページ
入力項目 21種 17種
必須項目入力欄の数 30項目 16項目
フロー あり あり
オファー なし なし
必須マーク あり あり
入力画面のレイアウト フォーム専用 他ページと共通

レイアウト

ディズニーはフォーム専用のレイアウトを用意し、フォーム入力にしっかり集中させる設計に。

USJは共通のレイアウトで、フォームの入力中にもさまざまなリンクという「誘惑」でいっぱいです。

○ ディズニー レイアウト

レイアウト

レイアウト。余計なリンクやナビゲーションがない

△ USJ レイアウト

レイアウト

レイアウト。サイト共通のヘッダーがついたまま。

必須マーク

ディズニーは「必須」の文字をあしらったアイコンを用意。赤色で引き立っており視認性も問題ありません。
また必須の入力欄には黄色の背景色を付けて強調しています。

USJは「●」マークで表示していますが、少しわかりにくいように思います。
また濃い色で配色されているためか、認識しにくい印象を受けました。

○ ディズニー 必須マーク

必須マークは「必須」の文字をあしらったわかりやすい形式。

必須マークは「必須」の文字をあしらったわかりやすい形式。

△ USJ 必須マーク

「●」の記号を使った表示方法。マークの色が目立ちにくい配色も気になる

「●」の記号を使った表示方法。マークの色が目立ちにくい配色も気になる

エラー画面

エラーはどちらもいまひとつな印象です。

まずディズニーは、フォーム上部にずらりとエラーを並べる形です。
この形ですとユーザーはフォーム内のどこがエラーかを探さなければなりませんので、該当箇所へのマークも欲しい所です。

USJはエラーダイアログによる表示。エラーがひとつづつしか表示されないようになっています。
ユーザーに多大なストレスを与えてしまっている可能性が!
また一部エラーには、メッセージのわかりやすさにも疑問が残ります。

△ ディズニー エラー

エラー表示例。フォームの冒頭にのみ、エラー内容が表示される。

エラー表示例。フォームの冒頭にのみ、エラー内容が表示される。

☓ USJ エラー

エラー表示例。ダイアログでエラー1つずつ表示されるため、一つのエラーを修正した後にまた別のエラーが出る・・なんてことも

エラー表示例。ダイアログでエラー1つずつ表示されるため、一つのエラーを修正した後にまた別のエラーが出る・・なんてことも

パスワードの文字数が足りない場合のエラー。「バイト」という用語にとまどうユーザーもいるかもしれない

パスワードの文字数が足りない場合のエラー。「バイト」という用語にとまどうユーザーもいるかもしれない

画面数、入力項目数に大きな差が

必須項目の数がディズニーが30項目、、USJは16項目と倍近くの差が。
ディズニーのファンクラブは年会費が発生するために(USJは無料)クレジットカード情報などの欄が追加されていることや、名前や住所の入力欄を細かく分けていることで項目数が膨れ上がっています。
項目数はフォーム入力の心理的ハードルに直結する部分。なるべく少なくするよう心がけたいものですね。

☓ ディズニー 画面数、入力項目数

決済関連の情報のほか、名前やフリガナ、住所などが分割されていることも項目数の多さにつながっている

決済関連の情報のほか、名前やフリガナ、住所などが分割されていることも項目数の多さにつながっている

△ USJ 画面数、入力項目数

USJは比較すると少ないものの、会員登録フォームとしてはかなり多い方。こちらはメールニュース系の項目が多い印象がありました。

USJは比較すると少ないものの、会員登録フォームとしてはかなり多い方。こちらはメールニュース系の項目が多い印象がありました。

フロー

どちらもフローがありました。
まずディズニーはオーソドックスな矢羽型のフローを用意。

USJはすべてのフォームの左側サイドバーとして表示しています。ファストビュー領域を専有しない賢い方法といえそうです。
USJのフォームは画面遷移数が多いのでフローは必須ですね。

○  ディズニー

オーソドックスなフロー表示

オーソドックスなフロー表示

◎ USJ フロー

サイドバーに配置したフロー。

サイドバーに配置したフロー。

次に入力支援機能の比較です

機能名 ディズニー USJ
ガイド

未入力の残り必須項目数などをリアルタイムで表示する機能

なし なし
離脱ブロック

ページを閉じようとするとアラートを出してOKしないと閉じることができない機能

なし なし
サブミットブロック

送信のための入力条件を満たさないと送信ボタンを表示しないor押せなくする機能

なし なし
項目ごとのアラート表示

入力についての説明をリアルタイム表示する機能

フォーカス時:なし
エラー時:なし
フォーカス時:なし
エラー時:なし
項目ごとに入力完了後の動作 なし なし

USJには、入力支援機能なし

どちらのフォームにも、目立った入力支援機能はありませんでした。
フォームのユーザビリティを向上し、入力完了率を高めるためには入力支援機能の導入をおすすめいたします。
なかでも最低限、住所の自動入力機能が備わっていることが理想的です。

△ ディズニー

住所の自動入力機能が備わっていない。

住所の自動入力機能が備わっていない。

△ USJ

こちらも同じく機能なし。ユーザーの手間を大幅に削減する自動入力機能はぜひ導入したい

こちらも同じく機能なし。ユーザーの手間を大幅に削減する自動入力機能はぜひ導入したい

最後は勝手にフォーム改善アドバイスを

今回はテーマパーク2社の会員登録フォームについて分析を行いました。
最後はいつも通り、勝手にアドバイスして終わりたいと思います。

ディズニー

項目数の多さが気になりました。項目の精査が理想ですが、まずは複数にわかれている入力欄を統合したり、任意項目を下部に固めて配置するなど、見た目上項目数を少なく見せるように工夫することでもだいぶ印象は変わりそうです。

USJ

こちらもなるべく項目は絞りたいところ。フォーム専用のレイアウトを用意し、ユーザーに入力に集中してもらえるような環境を用意しましょう。また配色の見やすさも心がけるとより良いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です