フォームの「ガッカリ離脱」を防いでコンバージョン率UP! 送信後エラー・ゼロ作戦//15か条の7【連載】

WEB担当者Forumでの連載「勝手にEFO分析-エントリーフォーム改善」で新しい記事を公開しました。

勝手にEFO分析-エントリーフォーム改善

毎回「惜しい」フォームを勝手に取り上げ、勝手に改善しながら、EFO(入力フォーム改善)のための鉄則15カ条を毎回1つずつ紹介していくこのコーナー。

今回のエントリは第7条:「入力エラーをリアルタイムで伝えるべし」として導入の記事でお伝えしていた内容です。

具体的なコンテンツは以下のとおりとなっています。

  • 「ガッカリ離脱」を防げ!
    導入:エラーがない状態になるようにユーザーを導き、確認画面、完了画面に進んでもらうことが、完了率アップには重要
  • 今回の題材
    株式会社東芝様の会員向けポータルサイト「Room1048」の会員登録フォームをご紹介
  • 改善ポイント1:ひとつひとつの入力項目で解決
    具体的にはリアルタイムに伝えることが有効。良い事例を交えてご紹介
  • 改善ポイント2:受け止める幅を広くする
    フォーム側の処理で入力形式や半角全角などを切替える
  • 開発の手間を考えると、有料ツール導入がおすすめ
    一定期間無料でそのツールを使えるトライアルサービスなども
  • 【第7条】入力エラーをリアルタイムで伝えるべし
    第7条のまとめ

ぜひ、ご覧ください。記事はこちらからどうぞ。

フォームの「ガッカリ離脱」を防いでコンバージョン率UP! 送信後エラー・ゼロ作戦/15か条の7 | 勝手にEFO分析-エントリーフォーム改善 | Web担当者Forum

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です