エフトラEFOの新機能「Facebook自動入力」「Yahoo!自動入力」リリースのお知らせ

年末に「エフトラEFO」では新しい入力支援機能をリリースしました。

追加された機能は2種類で、いずれも入力支援機能となります。
今回は、新機能について詳しく紹介させていただきます。

新機能1: Facebook自動入力機能

自動入力ボタンのイメージ

Facebook自動入力ボタンのイメージ

「Facebook自動入力機能」は、フォーム内に挿入した自動入力のボタンをクリックすることで、ユーザーがFacebookのアカウントに登録している個人情報を呼び出し、フォームの入力項目内に自動的に出力する機能です。

なお、Facebookに登録済みの「氏名」「フリガナ」「メールアドレス」「生年月日」を自動入力の対象とすることができます。(自動入力を利用するには、ユーザーがFacebookのアカウントを持っており、なおかつログインしていることが必要です。)

新機能2: Yahoo!自動入力機能

Yahoo!自動入力ボタンのイメージ

Yahoo!自動入力ボタンのイメージ

「Yahoo!自動入力機能」は上記と同様に、Yahoo!IDから情報を取得し入力を自動補完する機能です。
Yahoo!に登録済みの「氏名」「フリガナ」「メールアドレス」「生年」「郵便番号」「都道府県」「市区町村」を自動入力の対象とすることができます。

いずれもユーザーの入力の手間を削減し、直帰・途中離脱対策に

クリックするだけで名前やメールアドレスなど複数の項目への入力が完了するため、ユーザーの入力の手間を大幅に削減。入力を面倒に感じてフォームを途中離脱するケースに対し効果的です。

最後に

以上2種類の入力支援機能がすでに利用可能となっているので、エフトラEFOを導入中のお客様はぜひお試し下さい。

エフトラEFOでは今後も、フォーム入力をさらに便利するためのアップデートを行っていきます。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です