エフトラEFO

EFO機能:住所自動入力

EFO入力支援機能のご紹介

住所自動入力

郵便番号からその後の住所を自動入力します。

概要

住所自動入力とは、住所入力があるフォームにおいて、郵便番号(7桁の数字)の入力情報からその後の住所(都道府県・市区町村・番地)を呼び出し、自動で入力を補完する機能です。

エフトラ EFOでは、郵便番号入力欄は7桁の数値入力か、3桁+4桁に分かれたタイプのいずれにも対応可能。
また、住所の出力先の形式も、都道府県、地区町村、大字、地番以降の複数項目への出力と組み合わせの指定に対応しているため、ほぼどのような入力タイプの住所欄にも対応可能。出力のタイミングも指定することができます。
さらに、郵便番号の一部を入力した際に郵便番号の候補を表示し、入力を補完する機能も加わりました。

目的・効果

住所の入力は分量が多くなりがちであるうえ、地名の変換に手間がかかるなどユーザーに多くのストレスを与えます。
これが郵便番号という7桁の数値を入力するだけで上記の作業を補完できるため、ユーザーのストレスを大きく緩和し、入力途中離脱の防止につながります。
また、住所自動入力があるフォームに対してユーザーは「親切だ」と感じることが多く、サイトそのものの満足度の向上にも直結していると言えます。

ページトップへ